WE BECOME WHAT WE THINK ABOUT

自己愛改善ラボログ

感じる力 > 考える力、内側の状態 > 外側の条件 でぇす!!

f:id:noisolated:20170918171240j:plain

 

あなたは「自分の人生、最高!!」って心から言えますか?

 

これ抵抗なく言える人って、どのくらい日本にいるんでしょうね。

 

で、この記事で扱いたいのは、言えるかどうかというよりも、

 

このセリフの在り方について、考えてみたいと思うんです。

 

まずこのセリフ、どう考えても「感情」を込めないと、

 

まったく、そうまっったく、意味ないと思いませんか?

 

このセリフに根拠があろうがなかろうが、

 

ただ感情込めて目一杯言えるかどうかがミソやと思うんです。

 

言うてみれば、小さな子どもが「最高!!」って言ってるみたいな。

 

一方で、「お金があって〜、高学歴で〜、高収入で〜、」

 

みたいないつまでも恋人ができない人の相手に求める条件のように、

 

根拠があった上で「最高!!」って言ってる場合、

 

確かにそうかもしれないけど、インパクト弱くないですか?

 

あ〜だ、こ〜だ、理由並べ始めると何か弱い。

 

これ結局、私たち人間は、「感情」の方が「思考」よりも

 

絶対的だと知っている証拠じゃないかなと思うんです。

 

逆を言えば、どれだけ良い条件に恵まれたとしても、

 

それを「感じる力」が弱ければ、物事も小さくなっちゃうんじゃないでしょうか。

 

逆に「感じる力」が強ければ、どんな些細なことでも大きくできる。

 

 

つまり、幸せとか楽しさとか、そういうのは、

 

出来事や条件によって、定量があるわけじゃなく、

 

あくまで受け取る私たち自身の「感度」の問題なんじゃないかと、

 

最近私は思うわけです。

 

 

何食べても「うまい〜幸せ〜」とか、

 

何してても「楽しい〜最高〜!!」とか、

 

そうやって生きていける方が最高やと思うんですよ。

 

でも今の時代は「食べログの評価が悪いからやめとこ〜」とか、

 

「あぁ、あの人の生活楽しそうでいいなぁ〜」とか、

 

そうやって頭で判断しては、数値化して、感じることをおざなりにしてる。

 

そう私は思うわけです。

 

 

だからね、外側の条件がどれだけどれだけ整っても、

 

内側の状態をメンテナンスしておかないと、

 

なんにも感じないんじゃないかなーって。

 

 

そして、もし何も「最高だと思うものがない!!」って

 

頭が(あくまで、頭な。だって実際には探せば最高なものってあるはずだから)

 

言うなら、それは頭がそうプログラムされちゃったからで、

 

言葉にしてリプログラムしちゃいましょう。

 

「私の人生、最高でぇす!!」

 

きっとそのうち頭がその理由探しを始めますから。

 

そして、何よりもまず、深刻に人生を考えるのをやめて、

 

大いにふざけて生きましょう。

 

私、親が大真面目だったので、冗談まったく言えない人なんですけど、

 

(しかもコテコテの大阪人なんですけど)

 

それでもこれからの人生はスベりまくってもいいから、

 

自分で自分を笑わせてあげられるくらいの人間になりたいと思ってます。

 

今後、文体がおふざけ調になってるかもですが、それでもOKでぇす。

 

では。

現時点での思考まとめ

f:id:noisolated:20170916202020j:plain

 

メディテーションと、アファメーション

 

投影チェックと、感情チェック。

 

ホ・オポノポノと、筋トレ。

 

少しずつ現状をスライドしていく習慣を作り出しています。

 

 

ひとまずここ最近の思考をまとめておこうと思います。

 

 

・自分が見ている世界は、自分だけのヴァーチャル・リアリティ

→それは個人の身体的知覚(五感)と非身体的知覚(感情、注意の焦点)で、

世界を解釈し、その解釈を強化し続けているから。

 

・つまり決まった世界が存在するのではなく、自分の解釈次第で世界が変わる

→ただし、自分の解釈に無自覚な時期は、刷り込みによる解釈で世界を見ている。

→世代間連鎖や住む国の特徴に大きく影響を受けている。

 

・解釈を変えていくには、RASとスコトーマの作用を理解する

→現実を見て(これまでの解釈の積み重ね)、反応し続ける限り、抜け出せない。

→意図的に、想像力を駆使して、新しい解釈を積み重ねる。

メディテーションで隙間を作り、アファメーションで創造する)

→脳は現実と想像の区別がつかない。

→口癖を前向きなものにする。物事の良い面に注意を向ける。

 

・自己愛と感謝がキーマン

→良い出来事を受け取る価値が自分にあると信じることができるというのが条件。

→感謝は最高級ベータエンドルフィンの分泌を促し、脳の状態をベストに保つ。

 

 

こんなところでしょうか。

 

まず現状を好転させていくのに、思考ばかりで挑むのをやめる。

 

感情や注意の焦点をチェックしながら、

 

良いイメージを抱き続ける。

 

そして自分を愛し、人間や世界、あらゆるものを愛していく。

 

さらに感謝の心を持って、世の中を眺める。

 

 

難しい?

 

そう思うことがあなたのヴァーチャル・リアリティに難しさを生み出します。

 

変わることは簡単だ。

 

それに楽しい。

 

まずは言葉から。

 

 

もう外は見ない。すべては心の中の問題。

f:id:noisolated:20170908104557j:plain

 

明るくていい気分であることを考え始めて、

 

そして感情は90秒以上継続しないことが分かると、

 

問題を継続しているのは自分自身の思考であると気づく。

 

 

外側の出来事はあくまできっかけであって、

 

それにどう反応するかは個人の解釈に100%依っている。

 

 

だから一番の問題は、他人や出来事のせいにし続けてしまうことだ。

 

自分の解釈に100%責任があるにも関わらず、

 

外側の問題のせいにしてしまう思考を定着させると、

 

そこから抜け出せないまま不快な感情を何度も再体験する。

 

他人や出来事が変わればすべてうまくいくのにと腹を立てたりすれば、

 

自分の解釈次第である思考の自由を手放しているも同然なのだ。

 

 

そして思考を「現状の範囲」で選択するのではなく、

 

(現状の範囲で思考しても、変化は起きない)

 

「理想の範囲」にまで拡大してイメージすること。

 

誰かに話して否定される必要はなく、

 

あくまで自分自身に言い聞かせるつもりでストーリーを語るのだ。

 

 

心の中の思考をいかに管理しながら、

 

理想を思い描けるか。

 

それが現状を変化させていく唯一の手段かもしれない。

 

 

 

夢のなかの私の態度や言動が変わっていく

f:id:noisolated:20170906111158j:plain

 

このところ、アファメーションを積極的に行っています。

 

お風呂上りに録音を聴いたり、鏡に向かってアファメーションを唱えたり、

 

朝起きてベッドの中でホ・オポノポノを唱えたり。

 

一番は「明るくていい気分になる思考を選ぶ」という言葉を言い聞かせています。

 

そして今日の夢は、その夢の中でも私が私にアファメーションしていました。

 

「愛と感謝と平和の心で人と関わる」という夢オリジナルのアファメーション

 

登場したりして、これは少しずつ潜在意識に取り込まれている証拠かな?

 

そんな嬉しい気持ちになっています。

 

自分の話す言葉や頭の中の思考は当然、脳を始めとした様々な器官に

 

影響を及ぼしていると思うので、積極的に良い言葉を選ぼうと思います。

 

そして短期間であきらめたりせず、成長曲線のイメージで

 

死ぬまで良くなるように繰り返し続ける。

 

そうすれば間違いなく良くなっていくでしょう。

 

 

とにかく結果を求めずに継続あるのみ。

 

実際に、自分に優しい言葉をかけると癒されていくのを感じます。

 

夢の中で変わり始めたら、今度は現実も変わっていくのかな。

 

実験楽しみです。

人生は壮大なゲーム。自分も、現状も、他人も、出来事も、過去も未来も、すべて練習課題。

f:id:noisolated:20170901221000j:plain

 

今日もまた同居している祖母が聞こえていると知ってか知らずか、

 

「仕事もせんと寝てばっかり」と私の陰口を台所で言っているのを耳にしました。

 

実情は面接も受けているし、選考途中なのですが、

 

祖母からしたら、そう見えるんでしょう。

 

弁解したい考えや、自己否定しそうになる気持ち、

 

悲しみや怒り、いろんな声が頭の中で一気に展開していきました。

 

でも、冷静に「明るくていい気分にはどうすればなれる?」と

 

衝動的に怒りで言い返したい気分を抑えて考える事が出来ました。

 

そして一つの考えが浮かびました。

 

「祖母は明るくていい気分でいるための練習相手なんだ」と。

 

自分一人だけの世界であれば、明るくていい気分になりやすいですが、

 

他人が介入してくると途端に難しくなります。

 

でも、それを今練習しているんだと感じました。

 

そういう観点で考えてみると、自分自身も、現状も、過去も未来も、

 

あらゆる人間関係も、様々な出来事も、実は全部練習だったんじゃないかと。

 

その時、あなたはどんな反応をしますかと、いつも問われていた。

 

そう思えてきたのです。

 

そしてその時々で「自分の意志」以外のもので反応し続ける時、

 

途端に人生の主導権を失ってしまうのではないでしょうか。

 

 

しかも祖母を観察していると、面白いことに、

 

これまでの自分を見ることもできるのです。

 

人の欠点ばかりを探し、そのことに対してまっとうなことを偉そうに言って、

 

自分のセルフイメージを強化し、勝手に怒りを抱いてしまっている。

 

そしてその結果、体に病として支障が出ている。

 

「被害者」として「害」を引き寄せているのです。

 

 

今、いろんなことが人生に起きています。

 

でもそれは間違いなく自分の思考の結果、起こっている気がします。

 

問題として立ち上がるものは、その問題を生み出している思考があるという

 

それはとてもありがたいシグナル。

 

そして現実に反応して同じ思考を繰り返し続ける限り、

 

よりその思考を強化し続けるので、現実はさらに手強くなっていく。

 

じゃあどうするのかは、ここのところ繰り返しているように、

 

ネガティブな気分になったら、新しい思考(解釈)を意図的にする。

 

それですぐに変わるほど現実は簡単じゃないけれど、

 

それでも今までと違う思考を意図的に選択し続ければ、

 

必ず変化は訪れると思うんですよね。

 

根拠なんかないけど、変な確信はあって。

 

それでいて成長曲線から考えて飛躍的にその変化の兆候が見られるのは、

 

1年後くらいかなって感じで、気長に死ぬまでやり続けたい。

 

 

人生をゲームとして楽しめたら、きっとうまくいくはず。

嫌いな人の気に食わない言動にこそOKと言ってみる

f:id:noisolated:20170829201428j:plain

 

家族にイライラしてしまうことってよくありますよね。

 

同じ家に住んでいれば、同じことでイライラし続けてしまうこともあると思います。

 

そんなとき、少し無理にでも「OK」を出してみます。

 

それは決して相手のためにとかではなく、

 

自分の中にある『〜してはいけない』と自分を無意識に縛っている

 

禁止令を解放するために「OK」を出します。

 

 

例えば、私は「不当に人を嫌ってはいけない」とずっと思ってきました。

 

もちろん世間的にはこの考えは支持されるでしょう。

 

でも嫌いになるものは、嫌いになります。

 

人間ですから。

 

「悪口を言ってしまってもOK」

 

「なんとなくで嫌いになってもOK」

 

いやいやそんな大人アカンやろって自分にツッコミを入れてしまいそうになる

 

そんな考え方にこそ、違和感があったり抵抗があったりしても「OK」を

 

出してみるといいかもしれません。

 

 

私は結構いろんな禁止令を持ってるなと思ったので、ここに吐き出しておきます。

 

「OK」の方で書きます。

 

「人に迷惑かけてもOK」

 

「人の話を聞かなくてもOK」

 

「自分の話ばかりしてもOK」

 

「偉そうにしてもOK」

 

「表裏激しくてもOK」

 

「人に甘えてもOK」

 

「約束を守らなくてもOK」

 

「みんなと仲良くしなくてもOK」

 

これは実際に私が嫌だなと思った人たちの言動を裏返したものですが、

 

あくまで「OK」を出すということで禁止令を緩めるのが目的です。

 

「OK」を出したからといって、それをやりましょうということではないです。

 

でも、「OK」を出しておくと、その行為をしている人を見かけても、

 

イライラ具合が少しマシになっているかもしれません。

 

 

人間だもの、完璧じゃなくてOK、OK。

 

 

 

感情を手掛かりにして、思考の方向性や解釈を変える。

f:id:noisolated:20170828212805j:plain

 

引き寄せの法則を読み続けてきて、その概念ばかりに触れて、

 

結局立ち行かない人生に絶望してきたけれど、

 

諦めないって大事だ。

 

何度も何度も期待してきた結果、今少しずつどうすれば良いのかが見えてきた。

 

 

まず、感情にとにかく敏感でいること。

 

特に嫌な気分になっている時は「望んでいない」ものを見ている。

 

 つまりはっきりと「望まない」ものが分かる状態にいる。

 

この時に「それでは本当に自分が望んでいるものは何か?」と自問する。

 

自問している間も、そして自問に対して答えが出た時も、

 

私が見ているのは「望む」ものだ。

 

その時、更に感情をよく観察してみる。

 

いい気分や明るい気分になっていれば「望む」もので間違いない。

 

「望む」ものがはっきりと掴めたら、現実がどうであれ、

 

イメージトレーニングの要領でとにかくとことんその「望む」ものに

 

フォーカスし続ける。

 

これでいつも波動は「望む」ものに固定される。

 

 

あとはどうしても「望まない」ものが変えられない場合は、

 

その物事の良い面を探してみる。

 

つまり解釈を変える。

 

同じものを見ていても、必ず二つの面が存在する。

 

嫌な気分がするものに対する解釈をなんとかしてよい気分になれるような

 

解釈へ持って行く。

 

 

この方法で毎日生活していれば、少なくとも状況によって

 

自分の感情が翻弄されることは少なくなっていくはず。

 

状況や他人によって自分が感情的に振り回されてしまっていては、

 

自分で人生を創造できるなんて思えないし、

 

振り回されている時点で自分の人生を創造する主導権を手放していることになる。

 

 

そういう意味で引き寄せの法則が完成するのは、

 

完全に自分の主導で感情も思考もコントロールし、

 

現状に対して自分の意志で意味を付けれらるようになった時かもしれない。

 

 

とにかく、

 

①気分チェック

②嫌な気分がしたら、タイムを取る

③嫌な気分を生み出す「望まない」ものを確認

④意図的に「望む」ものへ思考or解釈をシフト

⑤気分チェック

⑥良い気分や明るい気分になればOK

⑦②と同じ状況や思考になった時に④に意識が向いているかどうか

⑧なっていなければ④になるまでイメージして定着させる

 

をエンリピで練習していく。

 

うまくいったら褒める。うまくいかなくても諦めない。

 

こんな感じで毎日の生活で練習できそうだ。

 

ちょっと光差してきた。